Skip to content

会長挨拶(20-21年度)

クラブテーマ 『扉を開こう』

kaicho

国際ロータリー第2750地区
東京世田谷ロータリークラブ
2020-21年度会長 福島 みどり

東京で開催される二度目のオリンピックを間近に控え、期待と希望に溢れた明るいムードが漂っていましたが、世界的な感染症の流行により様々な行事や会合が中止、延期となり、終息を心待ちにする毎日となってしまいました。

そのような状況の中、少しでも明るく、そして前向きに皆さんと楽しく活動するためにはどのようにしたら良いのか、日々考えております。

2020-21年度RI会長のホルガー・クナーク氏は「ロータリーは機会の扉を開く」を会長テーマとされました。

昨今、会員増強が強調されていましたが、クナーク氏は人数ではなく、質を高めようとおっしゃっています。現会員を維持しクラブにふさわしい人を募ることこそが成長につながり組織を強くする、と。

ロータリークラブは異なる環境、世代、文化、思想を持った人々が集まる場です。そのような多様性を大切にしつつ、4つのテストという共有の価値観のもとで活動を続けてきました。

私はクナーク氏のテーマから、様々な機会を与えてくれたロータリークラブへの恩返しも含め、会長として、ロータリアンとして何ができるか、よりよいクラブにするために何をすべきかを考えました。

そして、会長として私がしなくてはならないこと、それは参加したくなるような場の提供なのではないかと考えました。例会をはじめ様々な行事、会合において、皆様のお力をお借りしながら参加してよかったな、また来よう、と思っていただける会を開催したい。迷っている方を見かけたら、担当の方だけではなくみんなでお声がけして参加していただく。そして、さらに魅力的なクラブとなり、その結果ぜひ入会したいと思っていただけるような活動をしたいと思っています。

2020-21年度地区ガバナーの福原有一氏は「バリアフリーマインド」を地区テーマとされました。お仕着せやルールにばかりとらわれるのではなく、柔軟な心を持ち、相手と同じ目線に立って機会の扉を開けていこうとおっしゃっています。

クラブテーマとさせていただいた「扉を開こう」には、自ら新しい扉を開くだけでなく、自分の心の扉も開いて受け入れる、そんな意味も込めました。

閉塞感を感じる日々が続いておりますが、感謝の気持ちを忘れず、周りの人の気持ちを少しでも明るくできるよう、そして明るい気持ちの連鎖が広がるよう、周りの小さな素晴らしいことに目を向け、閉塞感を打破していきたいと思います。

先輩方が大切に育まれてきた世田谷ロータリークラブを以前のように、また、さらに温かい素敵なクラブになるよう、微力ではございますが努力してまいりますので1年間、どうぞご指導、お力添えくださいますようお願い申し上げます。