Skip to content

会長挨拶(18-19年度)

クラブテーマ 『つながろう』

kaicho

国際ロータリー第2750地区
東京世田谷ロータリークラブ
2018-19年度会長 笹川  徹

多くのクラブ会員の奉仕とクラブ愛に育まれてきた我がクラブも、創立55周年式典を終え、60周年に向け新たな一歩を踏み出しました。
クラブは創立から今日に至るまで、会員相互に支えられ、また多くの傑出したロータリアンを生み出しました。
伝統と言う言葉は、昨日今日出来るものではなく、多くの会員の情熱と結束によって築かれたものである事を充分認識し、次の世代に引き継がれる方向性を明らかにしたいと思います

2018-19年度RI会長エレクト バリーラシン氏のテーマは、『インスピレーションになろう』です。このテーマは、ロータリーは可能性を指し示し、そこに到達する意欲を引き出す事を意味します。また、2018-19年度国際ロータリー第2750地区ガバナーエレクト服部陽子氏は、『つながりを大切に』 と地区運営方針を定め、地区チームに熱いウェーブを起こす事を目指して、その任期に当たられます。

私は、RI会長エレクト、ガバナーエレクトのテーマを達成する為には、多くの方々にロータリーをご理解頂き、新たにクラブにご参加頂く事が最も大切な最優先課題と考えます。様々な職種から多様な見識を持ち合わせた人達がクラブに参加され、クラブは新たなインスピレーションを発する事が出来ます。また、5年~10年後も活力あるクラブ運営を行うことが出来ると考えます。

私の今年度の方針は、『つながろう!』 です。
先に申し上げた活力あるクラブ運営の為に、全ての会員が積極的に職場や地域、友人との、つながりを再確認され、新たな仲間を導き入れて頂きたいと思います。先ずは、私が率先して行動してまいりますが、会員皆さんのご協力無くして成し得ないものと思います。
会員増員により、新たな親睦機会が増え、それがクラブの活力ある活動の源となると考えます。また新たな継続可能な奉仕活動のインスピレーションが得られます。
クラブは、会員一人一人の豊かな発想を会員相互が支え合う事によって大きなベクトルとなって行動します。
この一年、会員の皆様には積極的にクラブの様々な行事に参加頂き、より親睦を深め新たなクラブの姿を語って頂きたいと思います。クラブは様々な継続性のある奉仕活動を行い、ロータリーの活力の一翼を担っています。

新たな継続性ある奉仕のニーズを模索する為にも、この一年、会員皆様のご理解ご協力を賜りますよう、宜しくお願いいたします。そして60周年に向けた新たな一歩を会員の皆様と踏み出します。